このページの本文へ移動

自己情報取得API

「自己情報取得API」とは

マイナポータルのサービスの一つに、「行政機関等が保有する自己情報(所得、世帯など)を確認できるサービス」があります。「自己情報取得API」は、国民が自己情報の確認のみならず、提供まで行えるよう機能を拡充し、当該機能をシステム間連携によりWebサービス提供者が利用できるようマイナポータルのAPIの一つとして作成・公開するものです。


「自己情報取得API」を利用するメリット・概要

1. 概要

民間事業者や国・地方公共団体など、様々なWebサービス提供者は、自己情報取得APIを活用しマイナポータルと連携することにより、自らのWebサービス利用者の自己情報を、安全かつスピーディに取得し、そのサービスにおいて活用することが可能となります。

2. 想定されるユースケース

例えば、地方公共団体等のWEBサービスとマイナポータルが連携することで、利用者が簡単に予防接種記録を管理することが出来るようになります。


「自己情報取得API」で取得できる情報の概要一覧

No. 分野名 分野詳細名
1 世帯 世帯
2 地方税
3 社会保障(健康・医療) 医療保険
予防接種
健康・医療その他
4 社会保障(子ども・子育て) 子ども・子育て支援
母子家庭等関係
母子保健
教育・就学支援
子ども・子育てその他
5 社会保障(福祉・介護) 障害保健福祉
生活保護・福祉一般
中国残留邦人等支援
介護・高齢者福祉
6 社会保険(雇用・労働) 雇用
労災補償
7 社会保険(年金) 年金・日本年金機構関係

「自己情報取得API」の利用にあたって

はじめに、 「マイナポータル自己情報取得API利用ガイドライン」を参照し、APIの利用について、事業者内で検討して下さい。なお、必要に応じ随時、マイナポータルAPI仕様公開サイトの問合せフォームにて、疑問点をお問い合わせ下さい。利用の意思及び内容が概ね固まったら、「利用企画書」及び「利用条件確認書」を作成し、マイナポータルAPI仕様公開サイトのフォームにて、事前打合せの申込を行ってください。

マイナポータル自己情報取得API利用ガイドライン

利用規約

事前打合せの申込(問合せフォーム)


質問・お問い合わせ

よくある質問・お問い合わせをご確認ください。

ページトップへ